大船のお土産と言ったら鳩サブレー!豊島屋大船ルミネウィング店|あおいと
おススメサービス

大船のお土産と言ったら鳩サブレー!豊島屋大船ルミネウィング店

大船のお土産と言ったら鳩サブレー!豊島屋大船ルミネウィング店


大船土産シリーズをこれからスタートしようと夜中に思い立ったあおいとです。
今回は大船土産の第一弾として、豊島屋さんの「鳩サブレー」をご紹介していきます。

大船駅で降りて、大船やその近隣でお仕事をしてから
帰りに
「そう言えば何かお土産を買って帰ろう!」
となった方や
旅行で大船を訪れて、ご家族や親しい方に
何かお土産を!」と思った方に向けて書いていきたいと思います。

大船に初めて来られた方や
大船っていえばお土産なんだろう?
って悩まれている方が参考になればいいなと思いながら書いています。

第一回目はやはり大船のお土産としてオススメしたいのが「鳩サブレー」です。

にわとりさん
にわとりさん
お土産ってもらっても
贈ってもとっても嬉しいよね!
あおい
あおい
そうそう!
普段なかなか行けない場所のご当地銘菓とかとってもうれしすぎる!
ひよこちゃん
ひよこちゃん
例えば???
あおい
あおい
沖縄の紅芋タルトとか!
北海道の白い恋人とか!
京都の八ツ橋とか!
ひよこちゃん
ひよこちゃん
なるほどね!
今回はそんな全国のお土産であおいちゃんが食べたいお菓子を紹介と言う名のおねだりする内容なの?
あおい
あおい
違うよ!
大船のお土産と言ったらシリーズを書こうと思って
大船で買うことができる
大船らしいお土産を紹介していくんだよ!
にわとりさん
にわとりさん
でも紅芋タルトとか食べたいでしょ????
あおい
あおい
….ウぅ~(それは、もらえるならもちろん紅芋タルトとか食べたいけどさぁ…)

ということで今回は、大船のお土産といえば第一弾いってみましょう!

ひよこちゃん
ひよこちゃん
あ!我慢した!すごい!

大船土産に最適な鳩サブレーとは

大船土産でお菓子を買っていきたい!
できれば生菓子ではなくて日持ちするお菓子がいいな!
という方にオススメな鳩サブレー
それもそも鳩サブレーとは何なのか?
普段、私は大船で生活していても
あまり深く「鳩サブレー」について考えてみたことがなく

大船といえば鳩サブレーだよね!
くらいの認識でした。

お土産を買う時ってけっこう大切なのが
何日日持ちするのか?
生菓子だとそれが一週間とか
短いと明日までに食べて下さい!
とかあるけど
お土産って渡す相手にそんなにすぐ会わない場合もあるから
ちょっとは日持ちするものを選びたいですよね!

にわとりさん
にわとりさん
そうそう!
賞味期限ギリギリのお土産とか渡す時にちょっと恥ずかしい
あおい
あおい
わかるよー!
できればゆとりのある賞味期限のものをお土産にしたいよね!

●鳩サブレーの歴史
鳩サブレーの歴史は、つまり豊島屋さんの歴史でもあります。
豊島屋さんはは明治27年(1894年)
なんと今から125年前にこの鎌倉の地に誕生しました。

125年の歴史がある鳩サブレーですが、
今や、「鎌倉・大船のお土産と言えば「鳩サブレー」だよね!
と多くの方が共通の認識として思われるような
一大お土産お菓子となりました。
やはり継続していくことってすごいな!と私も思います。

あおい
あおい
125年てすごくない?
にわとりさん
にわとりさん
すごいよね!だって125年て言えば
もうね大昔な感じがするもんね!
ひよこちゃん
ひよこちゃん
125年前の人もサブレー食べていたのかなーとか考えると
なんかすごい老舗なんだなってわかるよね!

サブレーとは何か?

鳩サブレーのサブレーとは何か?
これを真剣に考えてみました。
サブレーはフランスから日本に伝わったそうです。

大船のお土産と言ったら鳩サブレー!豊島屋大船ルミネウィング店

●サブレーって名前はどこから来たのか?
ビスケットやクッキーと似ていますが
サブレーはフランスのノルマンディー地方の都市(サブレ=シュル=サルト (Sablé-sur-Sarthe)の名前が語源になっているという説や
フランスのサブレ侯爵夫人が、お菓子作りの時にバターをたっぷり使ったクッキー風のを作ったのが始まりという説
そして、フランス語にある「砂で覆われている」”Il est recouvert de sable
という言葉がなまったり変化してサブレーになったのでは説があります。

サブレーはクッキーやビスケットと比べるとバターの量が多めで
そのため、甘い焼き菓子に仕上がっています。

ビスケットは、バターと薄力粉の割合が、1:2です(だいたいね)
そして今回の主役サブレーは、バターと薄力粉の割合がほぼ1:1!
という事でバター風味をより感じられて
食感はサックリとしているのがサブレーの特徴です。

にわとりさん
にわとりさん
こういう由来で、〇〇説とかいっぱいあるのおもしろいー!
ひよこちゃん
ひよこちゃん
もしかしたらフランス人の「ハトノサブレー」さんとかが日本に来日した時に
クッキング教室を開いて、そこで広めた説とか作りたい!
あおい
あおい
鳩サブレーの由来はこの後紹介していくよ!
なんで鳩の形なのか?とかね!
大船のお土産と言ったら鳩サブレー!豊島屋大船ルミネウィング店

なんで豊島屋さんのサブレーは鳩なの?

あおいと的疑問としては
「なんで豊島屋さんのサブレーは鳩の形をしているのだろう?」
という点です。

これは鳩でなくても
カバでも、クマさんでも良かったはず!
なぜ鳩の形をしているのだろう?

と思ったので
調べてみました。

初代高島屋さんで生まれたサブレーは鳩の形をしていなかったといいます。
しかしある日!

初代の豊島屋さんが鶴岡八幡宮参拝していた時のこと、
鶴岡八幡宮の境内にたくさんいる鳩がとても子どもたちに大人気である現場を目撃しました。
焼き菓子は子どもが大好きなお菓子だから、子どもが好きな形にしよう!

鳩!!!

そうか!

鳩の形の焼き菓子を作ったらいいんだ💡

ということで今は鳩以外の形は考えられないな!
とみんなも私も思うくらい定番の形である鳩のデザインになったわけです。

という内容とともに
鶴岡八幡宮の「八」の文字が鳩に見えることからも
鎌倉では愛されている動物、それが「鳩」
ということで鳩のデザインになったそうです。

大船のお土産と言ったら鳩サブレー!豊島屋大船ルミネウィング店
にわとりさん
にわとりさん
鳩が複雑な形とかしてなくてよかったよねー!
あおい
あおい
そうだね!作るのがとても難易度高かったらきっと
値段も上がったりしちゃうもんね!
ひよこちゃん
ひよこちゃん
サブレーっていったら鳩って今もなっているからすごいよね!
あおい
あおい
こういう風に大船っていったらあおいと!ってなるようにがんばらなくちゃ!

鳩サブレーっていくらくらいするの?

大船ルミネウィング豊島屋さんで売られている鳩サブレーの値段です。
大船ルミネウィング豊島屋さんで売られている鳩サブレーは
「缶」「箱」「袋」「手提げ」
のいずれかに入ってい売られています!

・缶入り
5,400円(48枚入缶)
4,320円(38枚入缶)
3,240円(28枚入缶)  
2,160円(18枚入缶)
 
・箱入り  
1,080円(9枚入箱)
864円(7枚入箱)
・袋入り
1,080円(10枚入袋)

・手提げ入り
648円(5枚入手提げ)

一番バリエーションが豊富なのが
缶入りの鳩サブレーです。

大船のお土産と言ったら鳩サブレー!豊島屋大船ルミネウィング店
こういう平べったい缶に入っています。
食べ終わった後は何か大切な手紙や書類を入れておいたりと
使っていきたいなって思うくらいかわいいデザインです。

大船で鳩サブレーを購入するなら豊島屋大船ルミネウィング店さん

大船土産で鳩サブレーを買おう!
と思った時に肝心なのが

「鳩サブレーってどこで売っているのだろう?」

駅に隣接している大船ルミネウィングさんの中にある豊島屋さんで
鳩サブレーを購入することは可能です。

大船のお土産と言ったら鳩サブレー!豊島屋大船ルミネウィング店

場所:
〒247-0056 神奈川県 鎌倉市大船1丁目4−1 大船ルミネウィング 3F

営業時間:
10時~21:00
(20:30閉店の曜日もあります。ご確認ください)

行き方:
大船駅南口改札を出て目の前のスイーツ小町の中に入るとすぐにあります。

あおい
あおい
そんなわけで今回は大船のお土産第一弾として「鳩サブレー」をご紹介しました。
第二弾もお楽しみに!
にわとりさん
にわとりさん
次回もきっと食べ物だ!
ひよこちゃん
ひよこちゃん
あおいちゃんセレクトだからきっと食べ物だ!
あおい
あおい
それはどうでしょうか??
乞うご期待!!!!
\大船の観光グルメなんでも載ってる/



ABOUT ME
あおい
あおい
大船地域メディア「あおいと」を運営しているあおいです。大船でおすすめしたいグルメや観光地、イベント情報を発信しています。アラサー女子目線で、書いています。一眼レフで写真を撮るのが好き。